看護師バイト > 看護師バイト:ツアーナース

看護師に人気のツアーナース

看護師バイト:ツアーナース

派遣看護師は、仕事に応じて派遣される看護師のことです。 ひとつの派遣先にある程度まとまった期間派遣されることもありますが、そういった働き方ばかりではありません。

派遣看護師の仕事には色々なものがあり、単発の仕事を自分の状況に合わせてこなしていくことも可能です。そういった単発での仕事のひとつに「ツアーナース」というものがあります。
看護師バイトの転職活動│内緒で進める方法は?

ツアーナースとは、ツアーや団体旅行などに同行して、いざという時に対処する仕事です。 イメージとしては添乗員が近いかもしれません。 添乗員のように付き添い、旅行をより安全、安心なものにするためのお手伝いをします。

基本的にツアーに参加する人というのは健康な人です。 あくまで“いざというとき”のためのツアーナースなので、普段は一緒に旅行を楽しむことができます。 もちろん仕事ですから、気を抜いたり、ハメをはずすようなことはできませんが、旅行好きな人にはもってこいの仕事でしょう。

またツアー参加者たちとコミュニケーションを取ることも大切です。 ツアー参加者から見れば、ツアーナースも“主催者側の人間”の一人であります。 素敵な思いでをつくってもらえるような気配りができるといいですね。 さらにコミュニケーションを取っておくことで、異変があった際に気づきやすいということもあるのです。

人と話すことが好き、知らない場所、色々な場所に行くのが好きという人にはおすすめの仕事です。 参加者にとって旅行というのは、その時にしかない思い出となります。 そうした時間を一緒に創造できるような人に、ぜひツアーナースをつとめてもらいたいですね。

修学旅行に同伴することもあります。 特に子どもにとっては修学旅行は一大イベントですから、楽しく安全に過ごしてもらいたいものです。 ツアーナースの仕事は、派遣看護師として登録することで見つけたり、紹介してもらえます。 実績を積むことで、ツアーナースとしてずっと仕事を持つこともできるようになるかもしれません。

正職員と派遣看護師の待遇の違いとは?

働く側、働き手を募集する側、双方のニーズの変化などから、最近では“派遣看護師”という働き方を選ぶ人も増えています。派遣看護師の魅力といえばやはり、自分の理想のライフスタイルをつくっていきやすいことです。具体的にいえば、働く日や働く時間をコントロールできることにあります。

正職員にも有給休暇や勤務時間というのはありますが、有給休暇を自由に取れない、休日出勤があるということは珍しくありません。勤務時間に関しても、毎日の残業が当たり前になっているというところも多々あります。

それに比べれば派遣看護師は出勤日や勤務時間をしっかりと決めやすいです。 よってプライベートの予定を立てやすい、両立しやすいといったメリットがあります。

ただやはり気になるのは収入の面でしょう。 正職員と派遣看護師の待遇はどのようなところが違うのでしょうか。 まず基本的な給料だけでみると大きな違いがないことが多いようです。 年収にすればほとんど変わらないといったところもあります。

違いがあるとすれば「昇給」や「昇格」です。 その年の年収だけ見ればそれほど大きな違いはないかもしれません。 しかしそこで長く働くとなった時、大きな昇給は見込めないでしょう。 また昇格に関しても、ほとんどないと思ったほうがいいです。

役職に就くのはもちろん正職員ですから、長期で働くことを考えると派遣看護師は正職員にはこういった面で及びません。

ボーナスや手当なども正職員に比べて少なかったり、ないこともあります。 本当に短期間の就業であればそれほど気になりませんが、長期になるとこういった違いはメンタル面にも影響してくることを覚えておきましょう。

福利厚生も同じく、受けられない、一部しか受けられないといったことがありますので、就業前に確認しておきたいですね。最も重要なのは「社会保険」です。

年金、健康保険、労災などこれは働く上、日本社会で生きていく上で欠かせないシステムに関わってくるところでもあります。 就業施設によってはこれらに加入できないことがあるので、必ず確認しておきましょう。 必要に応じて、自分で国民年金、健康保険、さらには身を守る保険への加入が必要です。